• 格安スマホが安く売られている理由

    通常のスマホであれば5万円程度から、高いモデルだと10万円を超える価格で販売されていることもあります。



    これに対して格安スマホは安ければ1万円程度、高くても7万円程度で販売されていて、通常のスマホよりも非常に安く販売されています。



    格安スマホが安く売られている理由は、スペックを必要最低限に抑えて、不要な機能を取り除いている事などです。

    通常のスマホではインターネットでブラウジングをしたり、比較的負荷の軽いアプリの使用を想定していますが、万が一動作が遅かったり、動作しないアプリがあると困るために少しスペックを高く設計しています。格安スマホは高いスペックを求めずに、アプリの動作やブラウジングや動画の視聴などに最低限必要なスペックで設計されていて価格は安く提供される場合が多いです。

    基本的なスペックのほかにも画面やマイクやカメラやオーディオの性能などの関係もあります。


    格安スマホでは画面は最低限表示が行えて、タッチができる物を使用していて、マイクやカメラオーディオも必要最低限のもので構成されています。



    特にカメラやオーディオのスペックが低いモデルが多く、必要最低限の画像と映像の撮影ができ、オーディオもハイレゾなどの高音質は期待できません。格安スマホは動画の視聴やアプリの動作に影響する基本的なスペックや、カメラやオーディオのスペックが必要最低限に抑えられていて、3Dゲームなどは楽しめませんが、その分安く販売されています。