• 格安スマホは長期的に考えると安い

    格安スマホとは大手キャリアで契約するスマートフォンではなく、格安のSIMを提供している業者のSIMカードを契約して使うスマートフォンです。

    プランや利用する業者にもよりますが、キャリアで契約したスマートフォンの通信費と比べると格段に安くて人によっては一か月の通信費が三分の一まで削減できる事も珍しくありません。



    格安スマホを使う時はSIMだけを契約して端末は別で用意します。



    そのためキャリアで契約する時のように分割で端末も購入して契約期間内に機種代金の値引きを受けられるサービスがありません。

    そのためSIMカードの契約と同時に新しい端末を購入する場合は端末代が一括で必要になります。



    端末を一括で購入した場合は最初の月に支払う金額が大きくなりますが、キャリアでの契約と比べると月の使用量が格段に安いので、年単位で考えた時はキャリアで契約するよりもSIMカードを契約して使う格安スマホの方が安い費用で利用する事ができます。
    新しい機種ではなく、それまで所有していた端末にSIMを入れて使う場合はより安い費用でスマートフォンを使えます。


    スマートフォンが故障して修理や買い替えになった場合は高い費用が必要になる事があります。


    キャリアで契約した場合は端末の保険もそこで加入する事ができますが、格安SIMを契約する場合は端末は別で調達します。


    そのため端末の保険も自分で探して加入しなくてはいけません。保険に加入していないと万が一の時に大きな出費が必要なので、保険の加入もしておくべきです。